お知らせ


H30.04.17

ゴールデンウイーク期間の診療について
ゴールデンウイークは暦通り診療いたします。予防接種、健康診断、在宅医療も通常通り行います。



H30.04.11

風しんワクチン接種費用助成について
大阪市では今年度も妊娠を希望する女性とその配偶者、妊婦の配偶者に風しんワクチン接種費用の助成があります。

詳しくは大阪市HP、風しんワクチンの接種費用助成のお知らせをご覧ください。


H30.04.02

成人用肺炎球菌ワクチンの定期接種について

対象者は平成30年度に以下の年齢になる方で、今までこのワクチンを接種したことのない方。
65歳  昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生
70歳  昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生
75歳  昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生
80歳  昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生
85歳  昭和8年4月2日~昭和9年4月1日生
90歳  昭和03年4月2日~昭和4年4月1日生
95歳  大正12年4月2日~大正13年4月1日生
100歳  大正7年4月2日~大正8年4月1日生

60歳以上65歳未満で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方

人負担費用は4400円。但し生活保護、市民税非課税の方は無料です。当日確認書類をお持ちください。確認書類は生活保護受給者の方は生活保護決定通知書または生活保護適用証明書、市民税非課税世帯の方は介護保険決定通知書(1~4段階の方)です。 平成30年度までの定期接種です。 


H30.03.17

舌下免疫療法について

この治療法は、スギ花粉の抗原を舌の下に置いて口の中の粘膜から吸収させることにより、スギ花粉の症状を軽減させていく治療法です。毎日1回行う必要があり3~5年くらい続けていただきます。スギ花粉の飛散が終了した6月頃から12月頃の間に開始していただけます。

またダニアレルギーに対する舌下免疫療法もあり、こちらは年中いつでも開始していただけます。


H30.03.01

花粉症の治療について

当院での花粉症の治療は抗アレルギー剤を服用していただき、これでで不十分な場合は点鼻薬、点眼薬、漢方薬、ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤なども併用いたします。ステロイドの注射による治療は行っていません。

舌下免疫療法も行っていますが、こちらは花粉症の症状が治まってから開始していただけます。


H30.01.05

インフルエンザの診断について

当院では富士フィルムのインフルエンザ迅速診断機器を導入しています。以前は発熱後一日経過しないと診断ができなかった場合でも当日診断が可能です。当日の発熱でも検査ができますので受診してください。

インフルラボ フジフィルム


H29.01.10

肺炎マイコプラズマの診断が速くなりました。

インフルエンザに続き、FUJIFILMから肺炎マイコプラズマの診断迅速キッドが発売されました。今まで30分かかっていた診断時間が最長15分となり、お待たせする時間が短くなりました。


H28.10.01

B型肝炎ワクチンについて

本日よりB型肝炎ワクチンの公費接種が始まりました。

対象者は平成28年4月1日以後に生まれた方。但し、母子感染予防の対象者は対象外になります。

1歳の誕生日の前日までに3回接種します。